• youtube
  • インスタグラム
Ameblo

Ameblo

BONGBONG dynamic Lifting リフティング 非切開弾力バンドリフティング 確実で新しい次元の最小切開シワリフティング!
dynamic Lifting ダイナミックリフティング
ダイナミックリフティングは柔らかく弾力性のある弾力バンドを利用して、
自然で確実なリフティングする新しい次元のしわリフティング施術です。
フェイスリフトに続いてシワ改善効果を期待することができ、施術の非切開手術にもかかわらず、
持続性に優れ、従来の糸リフティングに満足できなかった方にお勧め施術です。

他のリフティング室異なり、体の組織を切断していないので、
組織の損傷を最小限に抑え、手術後の痛みや硬くなる現象がなく、
非切開に近い最小切開で傷の心配もありません。
ダイナミックリフティングは柔らかく弾力性のある弾力バンドを利用して、
自然で確実なリフティングする新しい次元のしわリフティング施術です。
フェイスリフトに続いてシワ改善効果を期待することができ、施術の非切開手術にもかかわらず、
持続性に優れ、従来の糸リフティングに満足できなかった方にお勧め施術です。

他のリフティング室異なり、体の組織を切断していないので、
組織の損傷を最小限に抑え、手術後の痛みや硬くなる現象がなく、
非切開に近い最小切開で傷の心配もありません。
ダイナミックリフティングは柔らかく弾力性のある弾力バンドを使用して
自然ながらも確実なリフティングをさせてくれる新次元のしわリフティング施術です。
顔面高山スルーに続いてシワ改善効果を期待することができ、非切開手術であるが
持続性に優れ、従来の糸リフティングに満足を感じモットーた方法に適した施術です。

他のリフティング室異なり、体の組織を切断していない組織の損傷を最小限に抑えるため、
施術後の痛み硬直した現象がなく、非切開に近い最小切開で傷の心配もありません。
  • 手術時間 30 分-1時間
  • 麻酔方法 静脈麻酔/局所麻酔
  • 入院有無
  • 抜糸 7 日後
  • 回復期間 1~2 日
  • 手術時間 30 分-1時間
  • 麻酔方法 静脈麻酔/局所麻酔
  • 入院有無
  • 抜糸 7 日後
  • 回復期間 1~2 日
特殊弾力バンドとは?
BongBong美容外科で使用される特殊弾力性バンドは1998年にウィービング技術設計により誕生した製品で、
世界的再建整形手術の権威であるイタリアのDr.Sergio Cappuroによって開発されました。

FDAと国際特許(PCT)技術まで認証を取得した特殊弾力バンドは
 微細シリコンポリエステルコーティングされた形で皮膚に影響を与えない安全な特殊素材で
されており、リフティングや傷の縮小、顔だけでなく、体全体に適用が可能です。
BongBong美容外科で使用される特殊弾力性バンドは1998年にウ
ィービング技術設計により誕生した製品で、世界的再建整形手術の
権威であるイタリアのDr.Sergio Cappuroによって開発されました。

FDAと国際特許(PCT)技術まで認証を取得した特殊弾力バンドは
微細シリコンポリエステルコーティングされた形で皮膚に影響を与えない安全な特殊素材で
されており、リフティングや傷の縮小、顔だけでなく、体全体に適用が可能です。
BongBong美容外科で使用される特殊弾力性バンドは1998年にウィービング技術設計により誕生した製品で、
世界的再建整形手術の権威であるイタリアのDr.Sergio Cappuroによって開発されました。

FDAと国際特許(PCT)技術まで認証を取得した特殊弾力バンドは
 微細シリコンポリエステルコーティングされた形で皮膚に影響を与えない安全な特殊素材で
されており、リフティングや傷の縮小、顔だけでなく、体全体に適用が可能です。
軟組織と同じ引張強度と弾力性を持っており、
施術後まるで 実際に靭帯のような自然な動きと弾力を維持します。
  • 優れた
    シワ改善効果
    持続性
  • 回復期間
    最小化
  • 人工靭帯の役割
    実際に靭帯のような
    自然な動き
  • 傷、痛み、神経の
    損傷などの副作
    用がほとんどない
特殊弾力バンド 特徴
ダイナミックリフティングが 必要な方
次の事項に該当する方にダイナミックリフティングをお勧めします。
  • 顔のシワを改善をしたいけど手術には抵抗がある方
  • 既存の糸リフティング施術で満足出来なかった方
  • 輪郭手術後に顔のたるみでお悩みの方
  • シワ施術後に早く日常生活に戻りたい方や自然なリフティングをご希望の方
ダイナミックリフティング 手術の種類
ダイナミックリフティングは、患者個人ごとにしわの深さとたわみ、
そして肌の状態に応じて、非切開部分切開、最小切開の3段階に分けて実施しています。
ダイナミックリフティング 施術部位と方法
手術後の出血、感染症、炎症などの合併症がある場合があり、主観的な満足度は、個人ごとに違いがあることがありますので、医師に相談してください。